top of page

十羅刹女

お釈迦様の教えを守り実践する全ての人の護り神

子安鬼子母神と十羅刹女

【御利益】

法華経の信仰を実践する全ての人に降りかかるあらゆる禍を除ける









鬼子母神と共に法華経を守護する諸天善神

「十羅刹女」(じゅうらせつにょ)


法華経陀羅尼より、仏教の天部における10柱の女性の鬼神。

これらの10人の鬼神がお釈迦様から法華経の話を聞き成仏できることを知り、法華経を所持し伝える者を守護することを誓い、以来「法華経守護の善神」として伝えられています。


日蓮聖人は御遺文の中で

「十羅刹女と申すは10人の大鬼神女、四天下(してんげ)の一切の鬼神の母なり。また十羅刹女の母なり、鬼子母神これなり」と述べられ、鬼子母神と共に法華経守護の神様として重視されています。


藍婆(らんば)衆生を束縛し殺害するので名づく。本地は上行菩薩

毘藍婆(びらんば)衆生の和合を離脱せしめんとするので名づく。龍王の如く円満月なり、大海に向かうが如し。右手に風雲、左手に念珠を持つ。衣食は碧録。面色は白く、前に鏡台を立てている。

本地は無辺行菩薩

曲歯(こくし)歯牙が上下に曲がり甚だ畏怖すべきゆえに名づく。本地は常行菩薩

華歯(けし)歯牙が上下に鮮明に並んでいるため名づく。本地は安立行菩薩

黒歯(こくし)歯牙が黒く畏怖すべきゆえに名づく。本地は釈迦如来

多髪(たほつ)髪の毛が多いので名づく。本地は普賢菩薩

無厭足(むえんぞく)衆生を殺害しても厭わない、飽き足らないことから名づく。

本地は文殊師利菩薩

持瓔珞(じようらく)手に瓔珞を持つため名づく。本地は観世音菩薩

皐諦(こうたい)天上と人間の世界を自在に往来するゆえに名づく。本地は弥勒菩薩

奪一切衆生精気(だついっさいしゅじょうしょうけ)一切の衆生の精気を奪うため名づく。

本地は多宝如来

 ※本地(ほんじ)とは、仏様・菩薩様が仮の神の姿となって現れる垂迹身(すいじゃくしん)に対して仏・菩薩の本来の姿、本体の意


法泉寺の十羅刹女は、子安鬼子母神と共に古くから祀られていたために損傷が激しく、

〇年、現住職により修復され、今の姿となりました。


Comentários


bottom of page